ピロリ菌、貴方は大丈夫?

細菌の中で悪性腫瘍の原因になりうる病原体がピロリ菌

細菌の中で悪性腫瘍の原因になりうる病原体がピロリ菌 強い胃酸があるにもかかわらず、それをものともせず胃の粘膜に存在している細菌がピロリ菌です。
体の中に存在する最近の中には、体にとって良い働きをする種類のものもあります。
しかしこの細菌は、様々な胃疾患、時には悪性腫瘍の原因にもなり得る、病原体としての働きをする細菌です。
ピロリ菌には、多くの人は子どもの頃に感染します。
そして感染したら最後、多くの場合は除菌をしない限り、胃の中で存在し続けます。
ピロリ菌には、その一方の端に尻尾のような毛がついています。
この毛を振り回すことで、活発に活動をして、胃の粘膜を傷つけたり、炎症を引き起こしたりします。
ただ多くの場合、その自覚症状は無く、それらのダメージが積み重なって酷い状態になった時には、胃潰瘍や胃腸炎、悪性腫瘍が引き起こされていることも決して少なくはありません。
特に悪性腫瘍の一種である胃がんは、胃の粘膜が傷つけられることがその発端であることも多くあります。
ですから、服薬などでピロリ菌を除去しておくのは、非常に重要なことです。

胃がん予防のためのピロリ菌除菌のススメ

胃がんにかかる第一の要因として、ピロリ菌を保有している事があげられます。
正式名称はヘリコバクター・ピロリと言い、らせん状の形状をしており、酸性の胃の中でも生き抜くことがでる最近です。
感染経路は、衛生状態が悪かった井戸水を飲んだことや、幼少時代に保有者の親から、口移しなどで食事を摂った事が原因と考えられ、経口感染すると言われています。
ピロリ菌により、食欲低下、胃もたれなどを引き起こし、胃炎→潰瘍→がんという悪化の経路をたどります。
このリスクを低下させるために、ピロリ菌の除菌がおススメです。
1種類の胃液抑制剤と、2種類の抗菌剤を、1日2回、1週間内服するだけで出来ますし、医療保険が適用されます。
除菌判定検査を受け、失敗していたとしても、2次除菌を受けることができます。
これで、胃がんにかかるリスクが軽減され、媒介者になる心配もなくなるわけです。
除菌剤による副作用などで、治療ができなかった方にはLG21乳酸菌の入ったヨーグルトを食べるようおススメします。
ピロリ菌の動きを抑制する効果があります。