ピロリ菌、貴方は大丈夫?

精度の高いピロリ菌の検査方法

精度の高いピロリ菌の検査方法 ピロリ菌に感染すると胃に障害が出て、慢性胃炎になったり胃がんになる場合があります。
ピロリ菌に感染していても自覚症状がない場合が多いので、菌に感染しているかどうかを調べるためには、医療機関で検査を受けることが必要になります。
ピロリ菌の検査の方法として広く普及しているものは、採血して行う抗体検査です。
これは市民検診や会社の健康診断でも行われている場合もあり、安い費用で菌に感染しているかどうかを調べることができます。
より精度の高い検査には、胃カメラや内視鏡などがあります。
胃カメラや内視鏡を使用すると、胃の粘膜を採取することができ、胃の粘膜を詳しく調べることによって、胃がんを患っているかが判明します。
胃がんを患っているかについては、呼気テストによっても調べることが可能です。
呼気テストと大便を調べることによって、胃カメラや内視鏡を使わなくても胃がんであるかどうかが判明します。
40代以上の人は若い人よりもがんのリスクが高まりますので、胃カメラや内視鏡を使用する方が安心できます。

人間ドックでピロリ菌の検査をし陽性と判明されたら

年齢とともに自分の健康状態は、年に一度は検査し、どこが悪いのか知っておく必要があります。
自覚症状がなくても、早めに人間ドックなどで体のあらゆるところをチェックしておくことは病気を未然に防ぐためにも大切なことです。
ピロリ菌に対しても、人間ドックでたまたま検査したら、結果が「陽性」だったという方もいらっしゃいます。
ピロリ菌は、放っておくと胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こしかねない恐ろしい腸内細菌です。
よって、そのような方は、いち早く病院に行き、ピロリ菌の除菌を始めることが大事です。
抗生物質を含む複数の薬を、一日2回、一週間ほど服用することで除菌することができます。
一回目の除菌では成功しなかった方も、二回目の除菌ではほとんどの方が除菌に成功することができます。
副作用が出た場合には医師と相談しましょう。
手術や入院することなく除菌ができるので、結果が陽性だった場合は放置せずに速やかに治療を始めましょう。