ピロリ菌、貴方は大丈夫?

ピロリ菌を血液を摂取することで見つける検査

ピロリ菌を血液を摂取することで見つける検査 日本人に多いといわれているピロリ菌ですが、放置しておくと大変なことになります。
慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸、最悪の場合には胃がんになることもあります。
ピロリ菌は、胃の強い胃酸の中でも生き抜くことができる菌です。
それは、独特な酵素をもつことによって胃の中にある尿素をアルカリ性のアンモニアにかえて、胃酸を中和してしまうからです。
いち早く見つけることが望ましいのですが、ピロリ菌の検査には様々な方法があります。
その中でも、血液の検査により、陰性か陽性かがわかるものがあります。
血清によって抗体を測定し感染を見つけるものと、血清ペプシノゲン測定で慢性萎縮性胃炎を調べるものです。
どちらも血液を採取するだけでわかるので、内視鏡が苦手な方にも向いています。
検査費用に関しては、慢性胃炎などの疾患がない場合は自費となるので、一度、調べてみるとよいでしょう。
将来に起こりうる病気のリスクを考えて、早めに対応することが大切です。

ピロリ菌を調べるための検査費用

胃がんのリスクともなるピロリ菌の検査は、大きく分けて2種類です。
一つは、内視鏡を使って胃の粘膜の一部を取ってピロリ菌を保菌しているかを調べる方法です。
この方法の費用は、保険適用(3割負担)です。
内視鏡検査にも、「迅速ウレアーゼ試験」、「鏡検法」、「培養法」の3つの方法があり、どの方法で行なうかによっても費用は変わってきますが、3000円が最低料金です。除菌治療終了までだと約1万円かかります。
もう一つは内視鏡を使わない方法です。「検査尿素呼気検査(UBT)」等があります。
内視鏡を使わずに、ピロリ菌だけを調べたい場合は、自費になり、およそ8000円~9000円(10割負担)が最低料金です。
除菌治療終了までだと15,000円~32,000円位かかります。
また最近では、内視鏡を使わないで自宅で簡単に診断できる、製薬会社から販売されているキットが販売されています。
費用は全額自費負担で6000円~7000円位です。