ピロリ菌、貴方は大丈夫?

ピロリ菌ってどんなもの?除菌はできるの?

ピロリ菌ってどんなもの?除菌はできるの? ピロリ菌は胃炎を引き起こす細菌です。
感染すると除菌しない限り、胃粘膜に存在します。
胃と言うと胃酸があるため、細菌が生息できないイメージがありますが、ピロリ菌は胃酸を中和するアンモニアを生成するため存在することができるのです。
そしてこの感染が胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどに関係していると考えられています。
そんなピロリ菌は感染してもすぐに発症するとは限りません。
しかし、一度発症するとひどい腹痛を生じ、ひどい場合は寝ることもできません。
しかし、この細菌は存在さえ確認できれば、薬を服用することで除菌できます。
そのためには検査で存在の有無を確認しなければいけません。
検査方法は内視鏡を使うものと使わないものがあります。
使わない場合の検査は血清検査や呼気検査となります。
そして検査で陽性となった場合、抗生物質を処方してもらい、除菌することができるのです。
そして薬を服用後、再検査をしてピロリ菌の有無を確認します。

ピロリ菌を除菌して健康を保とう

私たちは毎日健康的に過ごすのが理想とされていますが、現実はいつも万全ではありません。
健康を維持するため必要な栄養をとって、体づくりをしていますが最近胃の不調を訴える人が多い傾向にあります。
胃が悪いと当たり前に食事をとることができなくなり、健康を脅かします。
胃の不調を抱える人たちに多い原因として、ピロリ菌を保持している場合があります。
ピロリ菌があると胃の病気を引き起こしやすいと言われ、最も恐れられている胃ガンを発症する可能性が高くなります。
ピロリ菌は人の体に不必要なものとして、除去する必要があります。
それにはピロリ菌の有無を明確にすることが求められますが、健康診断のときに内視鏡検査を行えばわかります。
主に胃ガン検診で発見される場合が多いと言われるだけに、定期的な胃ガン検診を受けておくのが大切であります。
検診時にわかれば、その時点で菌を除去できます。
そのときに痛みや、苦痛を伴うことはないと言われます。