ピロリ菌、貴方は大丈夫?

ピロリ菌の検査はどの病院で出来る?

ピロリ菌の検査はどの病院で出来る? ピロリ菌が胃の中にいることによって、胃の不具合を感じたり、胃潰瘍やひどくなると胃がんになるリスクが高まるといわれています。
そのためには胃の中にピロリ菌がいるかどうか検査をすることが大切で、その検査で、いた場合は除菌をしたほうがいいです。
ピロリ菌の検査ができる病院というのは、内科や胃腸科であることが前提です。
胃カメラの検査ができる病院であればまちがいないです。
そこで胃の内部の組織をとって検査をすることではっきりといるかどうかがわかります。
またピロリ菌の検査には血液検査をやる方法もあります。
これはいるかどうかの可能性を示すことになっていますので、胃カメラをやるのがつらいという人は、まずは血液検査で可能性を知ることができます。
ただあくまでも可能性なので、確実にいるかどうか、はっきりとわかる方法は、胃カメラが確実です。
そういったことでも胃カメラの検査ができる病院であればはっきりと検査ができるのです。

人類の移住ルートとピロリ菌の検査法

人類最古の祖先は、北アフリカのチャドで発見された600万年〜700万年前のサヘラントロプス・チャデンシスとされ、アフリカ単一起源説によれば南アフリカのヨハネスブルグ郊外の世界遺産人類のゆりかごが人類発祥の地とされています。
人類は、ミトコンドリアDNA解析や頭蓋形状、アラビア砂漠からの出土品などから12万5千年前〜16万1千年前に人類の第1回目の出アフリカが行われ、ネアンデルタール人と現生人類との交雑からシナイ半島経由の北ルート説が有力です。
第2回目の脱アフリカは、5万年前〜5万8千年前にユーラシア大陸に向けて行われたと考えられ、ヨーロッパからアジアへの移住は5万7千万年前〜8万3千年前と考えられています。
又、深海底の熱水噴出口付近に生息する特殊な微生物を祖先とするピロリ菌は、5万8千年前にアフリカで人類に感染し感染が広まったとされ、人間の遺伝子を使った解析よりもピロリ菌を使った解析の方が、より詳しい人類の移住ルートが解明できるとして期待されています。
ピロリ菌の検査法には、尿素呼気試験法や抗体測定、糞便中抗原測定などの他に、内視鏡を使用する培養法や迅速ウレアーゼ試験、組織鏡検法などがあり、遺伝子解析は行われないのが一般的です。