ピロリ菌、貴方は大丈夫?

色々なピロリ菌の検査方法

色々なピロリ菌の検査方法 病院で行うピロリ菌の検査は、様々です。
採血や採尿の場合は、ピロリ菌による抗体を調べます。
他に、便を採取した便中抗原測定や、薬を飲んだ後に吐く息によって調べる方法もあります。
胃がんや胃潰瘍を発症してから、ピロリ菌の有無を調べる場合は、主に内視鏡検査が多いです。
感染している場合、胃がんや胃潰瘍の通常の治療にプラスして、除菌もしなければならなくなるので、患者さんの負担は大きくなってしまいます。
感染しているかは、自分では解りにくいものなので、大きな病気になる前に、医者に診てもらい前もって、除菌や予防をする事が大事です。
最近では、忙しい人でも手軽に感染の有無を調べる事が出来る、ピロリ菌検査キットが様々な会社から販売されています。
価格は4から5千円くらいで、郵送するものです。
一週間以内には感染しているか結果が報告されます。
検査方法は、血液や尿、便と様々ですが、手軽に自宅で出来ます。
キットの性能はしっかりしたものなので、陽性の場合は、すみやかに医療機関へ行く事が大切です。
陰性でも、結果に不安を感じてしまう場合には、他の方法で試してみるのも良いですが、時間が作れそうであれば、直接医療機関で診てもらった方が安心出来て確実です。

ピロリ菌に感染しているのか検査する方法とは

慢性胃炎や胃潰瘍などを起こす原因の一つにピロリ菌の感染が考えられますが、病院で簡単な検査を受けることで感染の有無を確認する事が可能です。
検査方法は大きく分けると二種類あり、内視鏡を使う場合と使わない場合とに分けられます。
内視鏡を使わない場合、診断薬を服用した前後の呼気を集めて診断する尿素呼気試験法が非常に精度の高い方法だといわれています。
また、ピロリ菌に感染している場合、身体に抗体が作られるため、血液を採取したり検尿を行って抗体の有無を測定し、感染の有無を確認します。
糞便中の抗原を測定する方法もあります。
内視鏡を使って検査を行う場合には胃の粘膜を内視鏡にて採取し、培養をしたり反応薬を使ったり染色をしたりしてピロリ菌の有無を確認します。
近頃では忙しくてなかなか病院に足を運ぶことが出来ないという人向けの自宅検査キットなども人気があり、素人でも簡単に検体を採取し、郵送を利用して簡単に感染の有無を確認する事が出来るため、体調に異変を感じたときに活用することが出来ます。
必要になる料金はそれぞれのケースごとに異なりますが、病院では健康保険が適用できるケースとそうでないケースとがあるため、事前に確認しておくと安心です。

オススメの健康サプリ関連サイト

知れば得する!ピロリ菌除菌情報!

ピロリ菌 除菌

プロポリスをお求めやすいように徹底比較

プロポリスを比較